小豆島は、昭和48年の約154万人をピークに現在では約100万人の旅行者が訪れる観光地であり、和風麺や佃煮、醤油の製造とオリーブの栽培を主要な産業としている播磨灘に浮かぶ島です。

小豆島は、第二次世界大戦がもたらした苦難と悲劇を描いた長編小説「二十四の瞳」の舞台であり、二十四の瞳に登場する岬の分教場である旧苗羽小学校田浦分校校舎やオープンセットを改築した二十四の瞳映画村などを目当てに訪れるの旅行者も多くいます。近年では、「対岸の彼女」や「キッドナップ・ツアー」などで知られる角田光代先生の「八日目の蝉」の舞台であり、明治時代の醤油造りの景観の残る「醤の郷」やトンボロ現象で出現する大余島への約500mの細長い砂州「エンジェルロード」を訪れる旅行者も多くいます。

小豆島は、二十四の瞳や八日目の蝉など多くの作品の舞台となっているだけでなく、複数の半島と入り江を有する変化に富んだ風光明媚な島であることから近年でも「バースデーカード」や「8年越しの花嫁奇跡の実話」など映画のロケとしても有名です。そのため、8年越しの花嫁奇跡の実話で使用された「肥土山農村歌舞伎舞台」やブランコが印象的な土庄町小瀬の「旧戸形小学校」などのロケ地を訪れる旅行者も多く、これからの季節は土庄町小瀬の潮風を受けて泳ぐ80mにも及ぶ鯉のぼりが圧巻です。

また、日本三大渓谷の1つ「寒霞渓」や日本で唯一史跡に指定されている石切丁場「天狗岩丁場跡」に加え、星ケ城を中心に入り組んだ「迷路の町」やホタルの里として知られる「中山千枚田」など数多くの観光地もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *